雪の降る、晴天の花園


このブログはポケモンファンの風花藍流による、私設運営サイトです。過度な期待は管理人が逃げ出す恐れがあります。大変危険ですので、くれぐれも御控えください。音痴なのに、最近UTAUに嵌っているらしい。
by yuki_ten
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:魔法少女イルア( 6 )

魔法少女イルア 1章  それはあまりにも突然で……(4)

「わぁ~、これ可愛いね」
桜が舞う商店街。太陽が真上から傾き、気温も頂点を過ぎた時間。
3人の少女は、小物店の中にいた。
ここの小物店は、可愛いものがいっぱいあることが学校でも有名で、よく話題にも上がっていた。
アイルも1度来てみたかった。今日ここに来れたことを二人の友人に感謝した。
「アイルぅ! これいいんじゃない?」
ツインテールが大きく跳ねる様子は、小動物の尻尾のようだ。
楽しくて仕方がないと、全身が表している。
「うん! すッごく可愛い!」
それは、赤い宝石のようなものがブレスレットに付けられていて、まるで本物のアクセサリーのようだった。
「じゃあ、私これ買ってこよう」

More
[PR]
by yuki_ten | 2008-04-29 14:00 | 魔法少女イルア

魔法少女イルア 1章  それはあまりにも突然で……(3)

あれ?
おかしいな。
体が動かない。

そういえば、私はアレと戦って大きな怪我をしたのだ。
それこそ、死にも至るような。

だけど、私の体には痛みがない。
酷い怪我のわりに、意識もはっきりしている。

本当に私は怪我をしたのか?
そんな疑問が私の頭をよぎる。
でも、体が動かないし、目の前には私が流したであろう、大量の血が広がっていた。

しかし、こんなに血が出ていて、何故私は生きているのだろう?
一目見て、これは致死量だと誰でも分かる。
それなのに、こうやって生きているし、尚且つ意識もはっきりしている。

何が起こったのだろう?

いや、今はそれよりも、この状況をどうにかしなければいけない。
こんな体じゃ、流石に戦闘は出来ない。
見つかったらまずい。
見つかったら、確実に私は殺される。

それが分かっていても、私は自分の力じゃ指を動かすのがやっとだ。
絶体絶命というやつかもしれない。


「やっぱり、死ぬのは怖いですコン……」


あれ程、死ぬ覚悟をしていても、そのときになってみるとやはり、どうしようもなく恐い。

誰か……。
誰か私を……。

誰か私を助けて……!


「大丈夫? 狐さん」


ああ……。

私はまだ……。

目を開けると、10歳くらいの少女が心配そうに見つめていた。

「すごい血……。すぐに病院に運んであげるからね」

見慣れない機械で、慌てて何かを打ち込む少女。
少女の後ろから、同じような年頃の、二人の少女が駆け寄ってきていた。
その光景をどこか遠くに感じながら、私は目を閉じた。

私はまだ、生きていられる。

少女達の声を聞きながら、私は意識を手放した。
[PR]
by yuki_ten | 2008-04-13 01:17 | 魔法少女イルア

魔法少女イルア 1章  それはあまりにも突然で……(2)

「え? 今日遊ぶの?」

放課後の帰り道、3人は並んで話していた。
桜並木の歩道。いつも通る下校道。春の様々な花があちこちに咲いていた。
アイルが驚いたのは、ツインテールの子からのいっきなりの申し出だった。

「そう! 今日ね~、皆で町に買い物行こうと思うの! どう?」

すごい勢いで誘われる。この少女は、行動派でよく引っ張ってくれるが、その分遠慮が少ない。しかも、唐突過ぎて予想が出来ない。

「えっと……、そんな予定初めて聞いたんだけど……」
「私も、今初めて聞いた……」
「ええっ!?」

まさか、自分の片割れにも言ってないとは思わなかった。

「だって、今思いついたんだもん」
「ええっ!!?」

(と、唐突過ぎる……。)

アイル達は、いつもながらこの少女の奔放さに度肝を抜かれていた。

「……そういうのはね、最低限前日決めておくものだよ。しかも、最初は予定を聞いてから考えるものだよ」

常識というか、最低限のマナーを教えているのはショートカット気味の少女。彼女はツインテールの子の双子の姉なので、こういう役回りが多い。アイルも同情するくらい苦労してそうだった。

「今行きたくなったんだも~ん」

(だ、駄目だ……。)

アイルと少女は同じ意見に達した。

「で、アイルちゃんはどうするの?」
「う~ん……」

今日の予定を確認する。確か、今日は特に用事は無かったし、買いたいものとかもあった。しかも、お小遣いもまだ残ってる。

「うん、いいよ。私も行く」
「じゃあ、早速行こう!」

返事への反応が、異様に早かった……。

(もしかして、断るって選択肢が存在してなかった?)

ちょっと友情が、疑わしいものに思えてくる。
疑心に苛まれるアイルの耳元でショートカットの子が囁いた。

「一応、あの子なりに心配だったみたいだよ。最近、元気なかったから」
「うん……」

アイルはちょっと前に悲しいことがあって、それを今でも引きずっていた。
自分ではもういつも通りのつもりだったのだが、彼女達にはお見通しだったらしい。

「ごめんね」
「いいって。好きでやってることだろうから」

アイルの謝罪の言葉に、少女は心配させたほうだと思ったのだろう。首を振って明るく接してくれた。

「お~い! 二人とも遅いぞ~!」

アイルが気付いたときには、ツインテールの子は随分と前にいた。

「今行く~」

慌てて追いつこうと駆け出す二人。
アイルは、双子達に気付かれないように言葉を発した。

「ごめんね。二人はこんなに私に優しいのに疑って……」

それは大切な友達への、心からの謝罪だった。
[PR]
by yuki_ten | 2008-04-07 21:59 | 魔法少女イルア

魔法少女イルア 1章  それはあまりにも突然で……(1)

わわわっ! いつの間にか訪問総数が600人超えてる!
藍流、教えてくれてもいいのに……。

バンワ! 風花です。
じゃあ、『魔法少女イルア』を載せておくよ!

More
[PR]
by yuki_ten | 2008-04-02 23:22 | 魔法少女イルア

魔法少女イルア ~プロローグ~

突然始まった敵襲。

異世界からの攻撃に、その国の人達はなす術も無かった。

圧倒的な火力。

強大な能力。

ただ、蹂躙されていく仲間達。

それを、私はただ見ていることしか出来なかった。


だから、私はもう逃げない。


あの頃は、何も出来ずに見ていることしか出来なかった相手から。

あの頃は、ただ生き延びることしか考えられなかった自分から。


「私は、もうあなた達から引く気は無いコン!」


どんなに怪我をしても、どれほどの苦痛が襲い掛かってきても、コレは敵には渡せない!

その結果死ぬことになろうとしても、最後まで抵抗してみせる!



それが、あのときの皆への償いになると信じて……。
[PR]
by yuki_ten | 2008-03-27 22:41 | 魔法少女イルア

~嘘企画~

わんばんこ~。管理人です。
最近、更新が少なくなってきていますね。
それに比例して、訪問数も下がっちゃってます。
自業自得? そのとおりですね……。
まあ、そんなわけで、嘘企画でもやっちゃおうかと。


――あの時すべてが始まった。――

目の前に広がるあまりの光景に、私は杖を握っている手に力を込めた。

――もしあの時、この狐さんに会わなければ、私はこの場にいなかっただろう。――

震えながらも、まっすぐに前を見つめている隣の狐さんを見て、私は覚悟を決めた。

――もし何かが違ったら、こんなに恐怖することも、傷つくこともなかっただろう。――

「ねぇ、キツネさん。この事件がすべて解決したら……」

――だけど、もしそうだとしても――

「一緒に、ピクニックに行こうか」

――私は、この臆病な狐さんの隣にいることが出来てよかった――

「はいですコン。今から楽しみですコン」

――だから私は、何度だってこの道を選んでみせる!――

「じゃあ、いっぱい頑張んなくちゃね☆」

――だって……、私達は親友なのだから――




熱血バトル魔法少女小説、「魔法少女イルア」近日公開!!



……するのかなぁ?
[PR]
by yuki_ten | 2008-03-13 04:04 | 魔法少女イルア
カテゴリ
全体
初めての方に
藍流の七転八倒日記
風花の手記(空想編)
バトルレポート(かな?)
企画もどき
リンク(というか紹介?)
管理人の話
その他
フリーバトル
フリーバトルのルール
大会
魔法少女イルア
つまらない話
独白
雪天道場
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
その他
個人ページリンク

ジオログ
ピアプロ
pixiv
蒼空のフロンティア
にゃっぽん!
twitter
mixi

お仕事先
e0143060_2374443.jpg


メールアドレス

個人的な連絡などがありましたら、こちらのメールにでも。

yuki_ten@excite.co.jp



母なる大樹に抱かれて
私の小説用のブログ。気まぐれに更新します。




藍流の部屋
対話形式の、チャットが出来ました。
ぜひ、ご利用ください。

チャットのご利用の際は、下記に必ず目を通して下さい。
チャットの説明




BGM

Hold on to love(完全版)


Bad Apple!! feat.nomico
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧