雪の降る、晴天の花園


このブログはポケモンファンの風花藍流による、私設運営サイトです。過度な期待は管理人が逃げ出す恐れがあります。大変危険ですので、くれぐれも御控えください。音痴なのに、最近UTAUに嵌っているらしい。
by yuki_ten
プロフィールを見る
画像一覧

魔法少女イルア 1章  それはあまりにも突然で……(1)

わわわっ! いつの間にか訪問総数が600人超えてる!
藍流、教えてくれてもいいのに……。

バンワ! 風花です。
じゃあ、『魔法少女イルア』を載せておくよ!





「いってきま~す!」
よく晴れた月曜日。
春の風と陽気が祝福を与えるように、人々の体を包むそんな朝。
休日明けの今日は、ダルさを体のどこかに張り付かせて歩いている人々が殆どだった。
でも、1人の少女は違った。
1週間の始まりへの期待に胸を高鳴らせて、その少女は小学校への道を歩いていた。
少女の名前は、秋空アイル。近所の小学校に通っている10歳の少女。
得意科目は特になし。運動が少し苦手という点を除けば、どこにでもいる平凡な少女。
その少女が周りと違う点は、髪と瞳の色だった。
瞳は澄んだ青。名前の通り、秋のような空を髣髴させる、綺麗な色。
そして、髪は輝く金。太陽の光を反射し、キラキラと輝く髪を胸くらいの長さで揃えて、後ろに流していた。
「お~い! アイルちゃ~ん!」
自分を呼ぶ声に振り向くと、そこには見知った顔が二つあった。
一人は長い髪をツインテールにした活発な少女。
もう一人は、短めの髪のおとなしい少女だった。
その少女達は、雰囲気は別々だが、よく似ている顔立ちだった。
それもそのはず、二人は双子の姉妹なのである。
「おはよ~う!」
二人は、アイルと一緒の小学校に通う友達で、いつも一緒に登校している。
「今日の宿題で分からないところあるんだけど……」
「ああ、そこのところはね……」
「ボクも全然分からないんだけど……」
「1つくらいは解こうよ……」
何気ない会話をしながら、アイルは学校に向かって歩いていった。
[PR]
by yuki_ten | 2008-04-02 23:22 | 魔法少女イルア
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他
個人ページリンク

ジオログ
ピアプロ
pixiv
蒼空のフロンティア
にゃっぽん!
twitter
mixi

お仕事先
e0143060_2374443.jpg


メールアドレス

個人的な連絡などがありましたら、こちらのメールにでも。

yuki_ten@excite.co.jp



母なる大樹に抱かれて
私の小説用のブログ。気まぐれに更新します。




藍流の部屋
対話形式の、チャットが出来ました。
ぜひ、ご利用ください。

チャットのご利用の際は、下記に必ず目を通して下さい。
チャットの説明




BGM

Hold on to love(完全版)


Bad Apple!! feat.nomico
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧