雪の降る、晴天の花園


このブログはポケモンファンの風花藍流による、私設運営サイトです。過度な期待は管理人が逃げ出す恐れがあります。大変危険ですので、くれぐれも御控えください。音痴なのに、最近UTAUに嵌っているらしい。
by yuki_ten
プロフィールを見る
画像一覧

魔法少女イルア 1章  それはあまりにも突然で……(4)

「わぁ~、これ可愛いね」
桜が舞う商店街。太陽が真上から傾き、気温も頂点を過ぎた時間。
3人の少女は、小物店の中にいた。
ここの小物店は、可愛いものがいっぱいあることが学校でも有名で、よく話題にも上がっていた。
アイルも1度来てみたかった。今日ここに来れたことを二人の友人に感謝した。
「アイルぅ! これいいんじゃない?」
ツインテールが大きく跳ねる様子は、小動物の尻尾のようだ。
楽しくて仕方がないと、全身が表している。
「うん! すッごく可愛い!」
それは、赤い宝石のようなものがブレスレットに付けられていて、まるで本物のアクセサリーのようだった。
「じゃあ、私これ買ってこよう」



「ボクはこれ!」

二人並んでレジへ向かう。他に並んでいる人がいなかったのですぐに買えた。
ちょっと、あのブレスレットは高かったけど、とても綺麗で気に入っている。

「あれ? まだ見てたの?」

隣の少女が声を掛けた。自分の双子の姉が、目を輝かせながら未だに見て回っていることに驚いているらしい。

「うん……、どれも可愛くて迷っちゃうから……」

恥ずかしそうに、頬を掻きながら答えるショートカットの少女。
実はこのなかで彼女が1番、可愛いものが大好きだった。

「優柔不断って言うんだよ。早く決めてね」
「うん、ごめんね」

怒っているような言葉だが、その言葉達には優しさが含まれていた。
本当に仲がいい姉妹だ。
アイルは、この2人を見ていてそう実感した。

「じゃあ、これ買ってくる」

1つのキーホルダーに決めたらしい。

「アイルちゃんは今のうちの他の店を見て回ってていいよ。携帯電話があれば、見失っても連絡取れるし」

そのままレジに向かうと思っていたら、振り向いてアイルにそう提案した。
色々考えてくれたのだろう。連絡のこととかも考えて理由にしたのは彼女らしい。
もう1人の少女は既にレジの列に並んでいた。

「じゃあ、お言葉に甘えて。先に他の店に行ってるね」
「うん、私達も終わったらすぐ行くから」

手を振り、アイルはその店を後にした。

外は、まだ夕暮れには早いが、だんだん気温も下がってきていた。
季節は春だが、吹き抜ける風は昼用の薄着では少し肌寒い。
商店街を歩く人々の数は、段々減ってきていた。アイルが来たときは同じような年齢の人などもいたが、今では買い物帰りの主婦なのが多く目に付く。
アイルは、小物店の前にある洋服店の前にいた。
ショーウィンドウに飾られた女性の服装が、とても綺麗に思えたからだ。

(こういう服もいいな~)

ちょっと想像してみたが、なかなか似合うかもしれない。

(でも、これ大人用だから、大きくて着られないけどね……)

モデルの人形は、完全に成人女性の大きさだった。
そして、アイルの身長は同じ年の少女と比べても少し低いくらいだ。
苦笑いとともに、その店から離れようとした。


『――――』


アイルの頭に突然、少女の声のようなものが響いた。

(私を呼んでいる?)

妙な声に誘われるように、アイルは商店街を進んだ。
気付くと、アイルは商店街から外れた道に出ていた。
そこは、ちょっとした遊歩道で、朝とかにはペットと散歩する人の姿がよく見られる場所だった。緑が茂っていて、道路はアスファルトでなく固めた土で出来ており、散歩にはうってつけの場所である。
頭に響く声は、だんだんと輪郭を帯びてきている。


『――――っ!』


一際響くその声には、すごく強い思いが込められていた。
そして、アイルが辿り着いた先にいたのは、道の真ん中で倒れている1匹の小動物だった。
今まで本物を見たこともなかったが、それは狐と呼ぶ動物だった。
そこまでは、普通にありそうな光景だ。
でも、目の前の狐には、おびただしい量の血液が付着していた。
小学生の少女から見ても、その狐はとてもじゃないが生きているとは思えない。
しかし……。アイルは確信していた。この狐に呼ばれていたのだと。頭じゃなく、心で感じたことだった。

「大丈夫? 狐さん」

声に反応するかのように、目の前の狐が顔を上げた。
狐と目が合った。アイルは不思議と、そう感じた。
「すごい血……。すぐに病院に運んであげるからね」
安心させるように優しく声を掛けた。
(えっと……、この場合は動物病院だっけ?)
携帯電話を取り出すも、いつものようにはボタンを撃てない。
考えも上手く纏まらず、気持ちだけがくるくると回っていた。
アイルは今、すごく焦っていた。
それも当然。アイルの短い人生の中で、こんな事態は1度もなかった。

「えっと……うわぁっ!」

ボタンを押していた携帯電話に、突然着信が入った。そのタイミングに、思わず携帯電話を落としそうになった。大慌てで着信相手を見てみると、今1番かかって欲しい人からだった。

『もしもし、アイルちゃん? 今何処の店にいるの?』

さっき別れた双子の姉の方だった。

「あ、あのね、今路地に来ているんだけど、そこでね、狐さんがね――」
『とりあえず、落ち着いて。何か起こった事だけは分かったから』
電話越しに聞こえる友人の冷静な声に、アイルは少し平静を取り戻した。
「なんかね、路地に血だらけの狐さんが倒れているの。なんだか焦って、パニックになっちゃって……」

さっきよりも、上手く言えた気がした。今までの焦りが嘘のようだった。

『うん、とりあえずは分かった。これからそっちに向かうから、その間に動物病院に連絡してて。時間がもったいないし』
「うん、分かった」

友人は、やるべきことを明確にしてくれた。焦りも消えている。
アイルは、狐の方に顔を向けた。いつの間にか狐の目は閉じていた。少し、危険な状態なのかもしれない。

(絶対、助けるからね)

アイルはそう誓って、再び携帯電話のボタンを押し始めた。

小さな命を救うために―――。
[PR]
by yuki_ten | 2008-04-29 14:00 | 魔法少女イルア
カテゴリ
全体
初めての方に
藍流の七転八倒日記
風花の手記(空想編)
バトルレポート(かな?)
企画もどき
リンク(というか紹介?)
管理人の話
その他
フリーバトル
フリーバトルのルール
大会
魔法少女イルア
つまらない話
独白
雪天道場
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
その他
個人ページリンク

ジオログ
ピアプロ
pixiv
蒼空のフロンティア
にゃっぽん!
twitter
mixi

お仕事先
e0143060_2374443.jpg


メールアドレス

個人的な連絡などがありましたら、こちらのメールにでも。

yuki_ten@excite.co.jp



母なる大樹に抱かれて
私の小説用のブログ。気まぐれに更新します。




藍流の部屋
対話形式の、チャットが出来ました。
ぜひ、ご利用ください。

チャットのご利用の際は、下記に必ず目を通して下さい。
チャットの説明




BGM

Hold on to love(完全版)


Bad Apple!! feat.nomico
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧